レストラン

料理人になるには

様々な種類の料理人

ひとことで料理人といっても、その種類はさまざまです。
フレンチやイタリアン、あるいは和食など、特定の料理を作るプロや、食堂のような毎日の生活に密着した食事作りを担う人、あるいは学校や施設での給食調理をする人もいます。
調理の仕事をするうえで、持っていると有利な資格は「調理師」や「栄養士」でしょう。
しかし、資格がなくても調理の仕事に就くことは可能なので、まずは現場で実践を積んでから資格に挑戦する、という方法もあります。
調理師の場合には、実務経験が2年以上あれば学校などに通うことなく、試験だけで資格を取得することが可能。
ですからはじめは「調理補助」などの簡単な仕事で現場経験を積んで、同時に試験勉強をすすめておき、2年が経過した時点で資格を取ると効率的です。
ちなみにこの「実務経験」とは、ファミリーレストランや牛丼店など、本格的な調理があまりない業態の店での勤務であっても認められます。
もちろん雇用形態の制限もありませんから、ファミレスのアルバイトを2年すれば受験資格が得られるということになります。
一方の栄養士の場合は、2年間学校へ通うことが必須条件。
実習などがある関係で、通信制や定時制などはなく、昼間に授業が行われる短大や専門学校に通う必要があるので、社会人のキャリアアップとしては少々ハードルが高いかもしれません。

学校に通って資格を取る

実務経験はないけれど調理師の資格が取りたいという場合には、学校へ通うことで取得が可能です。
こちらは栄養士と違って夜間部を設けている専門学校がたくさんありますから、仕事が終わった後に学校へ通ってキャリアアップを目指すことができますよ。
調理師の専門学校には、調理に関することを全般的に学ぶコースのほかに、製菓やパン作りなどを専門に学ぶコースや、和食やイタリアンなどのプロをめざすコースなどもあるので、自分のやりたいことに合わせて選んでいくと良いでしょう。
調理師の資格を取っても、すぐに料理のベテランになれるわけではありません。
最初は先輩の仕事をサポートしながら仕事に必要な技術をひとつひとつ覚え、時には失敗もしながら身に付けていくのです。
かつては上下関係が厳しい世界だった調理の仕事も、最近は時代の流れのためかずいぶんと穏やかになったそうです。
とはいえ、いい加減なことをしたら食中毒などの大きな事故にもつながりかねない仕事なので、気を抜くことのできない厳しい世界なのです。