ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーになるには

人気資格の一つ

ファイナンシャルプランナーの資格も、非常に有名な資格ですよね。
現在は、このファイナンシャルプランナーを目指して勉強する人も増えているそうで、より重要性の高い資格として認識されるようになっています。
では、このファイナンシャルプランナーがどんな資格なのかを見ていきましょう。

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーとは、簡単に言えば「資産管理や運用」のお手伝いをする仕事。
私たちの人生の中で、お金は必要不可欠なものでしょう。
しかし、お金というのはやみくもに貯めるようなものではありませんし、計画性なく使ってしまって良いものでもありません。
お金は、きちんと計画性を持って使用しなければならないものなのです。
例えば、家族の生活設計を建てるとします。
「老後の資金をためたい」と言う目標がある場合は、老後の資金をためるまでにどの位の出費があるのかを計算しなければなりまえせん。
特に、子供がいると高校や大学でお金がかかりますから、「この年にこのくらいの出費がある」「この時はこの位のお金がかかる「と言う計算をして、それを含めて「月にいくらくらいの貯蓄をすれば、目標金額に到達できるのか」を考えていかなくてはならないのです。
これがどんなに大切なことか解りますか?
不景気が続く日本では、お給料が右肩上がりとはいえなくなりました。
更に、年金に関しても、今の30代くらいの人が年をとった時、きちんと支給されるかどうか解らなくなっています。
一時期は、年金の支給が70歳からになるなどの議論がされていたこともあり、わたしたちを取り巻く「お金」の事情は、とても厳しいものになっています。
この様な時代だからこそ、よりしっかりとした人生設計が必要ですし、先を見越した計画が必要です。
特に、長生きのお年寄りが増えている今は「老後の資金」に関してはよりシビアに考えなくてはならないでしょう。

活躍の場所とは

ファイナンシャルプランナーは、その様な家族のライフプランをお手伝いする仕事です。
個人事務所で活躍するファイナンシャルプランナーもいますが、多くの場合は「銀行」「生命保険会社」などで活躍し、将来設計を立てるお手伝いをした上で、「その人にあったプラン」を作るお手伝いをしています。
今、とても人気の仕事ではないでしょうか。
このようなサイトもあります。
ファイナンシャルプランナー専門の求人

より需要が高まっている証拠ではないでしょうか。
今後も、たくさんのところで必要とされるだろう職業のひとつです。