新聞

マスコミで働くには

情報の発信側として

マスコミは、毎日私たちが接しているさまざまな情報の「伝え手」になる仕事。
ひとくちにマスコミの仕事といっても、その種類にはさまざまなものがあります。
まず、テレビや出版、新聞、ラジオなどどのようなメディアに関わる仕事なのかという違いがあり、それぞれのメディアにも数えきれないくらいの職種が存在します。
テレビに関わる仕事では、アナウンサーやキャスターといった仕事に目が行きがちですが、実際にはさまざまな「裏方」の存在によって番組が成り立っています。
たとえば、番組の内容を考える人、撮影のためのセットを作る人、撮影や照明、音声など技術的なことに関わる人や放送のスケジュールを立てる人など、直接画面には登場しないたくさんの人に支えられて番組が作られているのです。

新聞社・出版社の場合

新聞社の場合は記者のほかに営業などの部署がありますが、他の業界と違って入社後に職種を変更することが難しいという特徴があるため、新聞記者を志望する人は、はじめから記者の募集に応募する必要があります。
とりあえず営業として入って後から記者にしてもらう・・・という作戦は通用しないそうですよ。
また、出版社の場合は編集者のほかに、作った本を広く伝えるためにさまざまなメディアや書店などと交渉を行う営業の仕事も大切な仕事。
新聞社と違い、入社後に営業から編集への職種変更が可能なケースもあるようです。
新聞社および大手の出版社は、とても人気の高い業界。
新卒採用では、倍率が数千倍になることもあるそうです。
その一方で、社会人を対象とした中途採用が多く行なわれる傾向が強く、経験のある社会人にも目指すことが可能な世界でもあります。

広告に関わる仕事

また、直接マスコミで働くのではなく、マスコミを通して情報を伝える広告に関わる仕事もあります。
広告の仕事では、広告を出したいというクライアントから要望を聞き取り、それをもとに紙媒体やテレビ、ラジオ、ポスター、Webなど、それぞれのメディアに合わせた広告を作成します。
テレビCMを作成するCMプランナーや、広告のキャッチコピーやそれに続く文章を作成するコピーライター、デザインを作成するアートディレクターなどがおもな職種となり、広告代理店やそれに関連する企業で働くことが一般的でしょう。
マスコミの仕事は、とてもハードであり、思い通りにいかないことも多い仕事。
体力や根気強さが求められる仕事なので、単なる憧れだけで目指すことはできませんが、本当に能力のある人がそれを存分に発揮できる世界でもあるのです。