転職いろは

転職を考えている人に向けて様々な情報を発信していきます。

アロマセラピストになるには

人間を刺激する香りの力

人間にとって香りというものは、互換の一つである嗅覚を刺激します。
人間は嗅覚を刺激されると、さまざまな反応を示すことになります。
その反応の範囲は広く、心地よさを覚えることもありますし、絶対的な拒否反応を示すこともあるのです。

香りは、人間の記憶の中だけではなく、生理的にも危険を表したりすることもあります。
逆に空間として安心できるという心理的効果も及ぼすことから、太古の昔から利用されてきたのです。
この香りを生かすことがアロマテラピーになります。

アロマテラピーの歴史は長く、紀元前にまでさかのぼることができるでしょう。
つまり、その時代から香りを操る人の存在は重要で、大きな役割を持っていたのです。

現代でも、香りは重要なポイントで、精神的な部分にも影響を与えることができるとされています。
そこで、アロマテラピストという専門家が存在するのです。
さらに、香りをどこまで理解できているのか、その効用までの範囲でアロマテラピー検定も実施されています。

アロマテラピー検定の講習と独学

アロマテラピー検定には1級と2級が存在し、試験は年2回、5月と11月に実施されています。
年齢も経験も請願はなく、1級からも受験することができるようになっているのです。
同時に受験することも可能で、両方受けるよりは少し安くなっているところが特徴でしょう。

書籍なども出ており、ある程度勉強することもできるようになっています。
ですが、香りという部分から考えても、簡単に理解することができないことも確かです。
そこで、講義を受けるというのも、ひとつの方法といえるでしょう。

全国各地に日本アロマ環境協会から認定を受けた人がいます。
そういった人に教えてもらうのも一つですし、専門の学校も開かれていますので、通ってみるのもいいでしょう。
友人とともに始めたりすることで、楽しく覚えていくこともできるのです。

講習を受けることにより、実際に香りを体験することもできます。
さらに、どういった香りが、どういった影響を与えるのかということも目の前で知ることができるのです。
こうした経験は、後々に大きな影響を与えることになるでしょう。

学校といっても、そこまで高額ではありません。
10回を超えるような長期的なコースでも10000円ぐらいからあったりするため、受講もしやすいといえるでしょう。
資格取得ということだけで考えるのであれば、6回程度で35000円程度のコースを選択すれば間違いないでしょう。

実際に独学ということで考えても、不可能というわけではありません。
テキストさえ手に入れれば、知識はつくでしょう。
問題は、実践的な部分の問題がありますので、アロマオイルキットを購入したり、自分で様々な香りに対して興味を持ったりすることが大切となります。