歯科

歯科衛生士

歯科衛生士への道

医療従事者というのは専門職のなかでも特に注目を集めやすい分野と言えるでしょう。
歯科衛生士もその1つです。
ただ、歯科衛生士と言われても実際にどのような仕事をする職業なのか、というのがわかりにくい人も多いでしょう。

歯科衛生士は歯科助手に近い仕事であるものの、出来る仕事の内容に違いがあります。
歯科助手は実際に患者の口のなかに手を入れるなどして処置を行なうことは資格上出来ないことになっています。
歯科衛生士はこれが出来るため、仕事として出来る範囲が大きく広がります。

具体的には歯石の除去やクリーニング、保護液の塗布などを仕事として出来るようになります。
さらに、歯磨き指導なども行うことが出来るため、限定的ではあるものの歯科医師ができる仕事の一部を担うことが出来るわけです。
その代わり、歯科助手には特に必要な資格がないのに対し、歯科衛生士には国家資格の取得が求められます。
では、実際に歯科衛生士になるためのルートについて紹介します。

基本的にこの資格に限ったことではありませんが、国家資格を受検するためには前提条件が存在します。
歯科衛生士の場合にも同じで、歯科衛生士の勉強をすることが出来る専門の教育機関を卒業している必要があります。
かつては2年以上養成機関で勉強をすれば問題がありませんでしたが、法律の改正によって現在では3年の勉強が少なくとも必要となりました。

専門学校ではなく大学を利用する場合には、4年の過程が必要です。
そもそも歯科衛生士過程のある大学はそれ程数が多いわけではありませんので、最初から就職を視野に入れて学校選びをしなければならない点には注意が必要です。

歯科衛生士国家資格

ちなみに、歯科衛生士の国家資格の合格率は、日本歯科衛生士会の発表で95%を超えています。
つまり、それほど難しい試験というわけではなく、前提条件となる学校での勉強を著しく怠っているのでなければ合格は比較的容易だといえるでしょう。
ただ、この試験への合格というのはあくまでも就職の上ではスタートラインに過ぎず、この資格を取得した上で雇ってもらえる歯科医院を探す必要があります。
よりステップアップを目指すのであれば、5年以上の臨床経験を経てケアマネジャー資格を取得すると幅を広げる事ができるでしょう。

歯科衛生士の数は、ここ数年で非常に増えています。
これはあくまでも登録数での増加であり、実際に従事している人の増加数というのはそこまで大きいものではありません。
しかし、高齢化社会などの影響によって医療従事者の需要が今後拡大していくことは間違いないと見込まれており、その点においては将来性の十分ある仕事だと考えて良いでしょう。
女性だけでなく、男性も受検出来るようになり、その幅は広がっています。