パイロット

パイロット

パイロットの仕事

かつては、男の子のなりたい職業ランキングでも一位を取ることが多かったのが、「パイロット」という仕事です。
言ってしまえば運転手の一種ということになりますが、他の乗り物に比べて事故が起こった時に凄惨な事態になる、ということから重い責任を担っている、というのが特徴と言えるでしょう。
実際にパイロットに従事している人にパイロットのやりがいを聞くと、毎回緊張感と責任感があり、それによって充足感を得ることが出来る、ということを上げている人もいます。
仕事に対してこういったことを求める人であれば、パイロットになる道も十分あるでしょう。

実際にパイロットになるとして、働く場所というのは航空会社ということになります。
航空会社では旅客機や貨物機の運転手として仕事をすることになるでしょう。

ただ、この他にも就職先はいくつか存在しています。
特殊ではありますが、自衛隊や海上保安庁で護衛機のパイロットをする、というのも1つのルートとなります。
さらに、飛行機ではなくヘリコプターなどのパイロットを目指す、というのも方法の1つとなるでしょう。

このパイロットという仕事に就くためには、知識だけではなく健康な体が必要となります。
就職時だけではなく、定期的な身体検査があり、ここで基準を満たすことが出来ないとパイロットを続ける事は出来なくなってしまいます。
特に視力などは重要な要素であるため、健康を維持するための方法を考えなければなりません。

パイロットにおける平均的な給与は月収にして89万円前後とされています。
専門職の中でも中々の高給取りだと言って良いでしょう。

就職までの道

では、実際にパイロットとなるためにはどのような道をたどることになるでしょうか?
道はいくつか存在していますが、いずれにしても大学や専門学校などに入ることが必要不可欠です。
大学や専門学校の操縦科に進み、事業用操縦士の資格を取得する方法の他、大学や短期大学などの合格後に航空大学校に入り、その上で事業用操縦士の国家資格を取得する方法などがあります。
資格を取得するだけで就職できるというわけではなく、その後航空会社の就職試験に合格する必要があるため、さらにハードルは高くなるでしょう。

ただ、このパイロットという仕事の需要は今後も拡大していくことが見込まれます。
何と言ってもグローバルの時代が始まっており、今後はより多くの人が海外に向かい、かつ多くの人が海外から来るようになるでしょう。
実際羽田空港では国際線発着場を増やすなどの措置を行なっており、こういった所から需要が拡大していくことが考えられます。

なるためには非常に厳しい過程を経なければなりません。
さらに、仕事についた後にも実践のなかで勉強していくことは多くあります。