転職いろは

転職を考えている人に向けて様々な情報を発信していきます。

会計士になるには

会計士

会計士ってどんな仕事をするの?

会計士とは、公認会計士のことです。
企業の中で、会計に関わる最大の権限をもつのが公認会計士。
どんな企業であっても、お金の清算ややりとりを一切行わないというところは存在しませんので、そのやりとりをしっかりと管理する公認会計士の仕事は、会社の中枢を支える仕事と言っても過言ではありません。
そんな公認会計士の仕事について、お話していきましょう。

まず、公認会計士の仕事として、監査をあげておきます。
企業で働いたことがある人なら、監査の仕事内容はご存知ですよね。
監査は、会社のお金の流れに関する記録が適正かどうかをチェックするお仕事。
会社に所属しながら、常に第三者の目線でチェックをしなければならない厳しいお仕事です。

企業によっては、監査業務を行う公認会計士と一般社員は、交流を持ってはいけないと決められていることもあります。
そのくらい徹底して、第三者の目線で会社をチェックするということが求められる仕事なのです。

他にも、税金に関して精通しています。
企業では、本当にいろいろな税金を扱います。その扱いのプロが、公認会計士。

こう書くと、公認会計士と税理士はどう違うのと思われがちなのですが、
公認会計士が監査をするのに対し、税理士は税務の仕事をしますので、働き方はまったく異なります。

しかし、本当に難しい公認会計士試験

公認会計士になれば、企業の中で高いお給料を得ることも夢ではありません。
ただし、公認会計士の試験は非常に難しいと考えて下さい。

数ある国家資格の中で、特に難易度が高いといわれるのが医師・弁護士・公認会計士です(これに不動産鑑定士が入ることもある)。
つまり、医師や弁護士くらい公認会計士の試験は難しいということ。

受かる人はすぐに受かりますが、受からない人はいつまでたっても受からないという可能性もある資格。
同じ資格でも、税理士などは、仕事をしながら資格取得を目指すという人が多いといわれますが、
公認会計士の場合は、仕事をやめて勉強専念しないと合格は難しいです。
しかし、難易度は高いですが、確実に高収入が狙える仕事なので、自信がある人は狙ってみるといいでしょう。

自分に厳しく、常に第三者の目線で企業を見ることができる自信がある人にオススメ。
企業が公正に運営を続けるために、公認会計士はなくてはならない職業です。
それだけに、やりがいも大きい仕事であるといえるでしょう。