転職いろは

転職を考えている人に向けて様々な情報を発信していきます。

整理整頓アドバイザー

片付けるという一つのブーム

断捨離といった言葉が生まれ、いかに整理整頓するのかということが、日常生活における課題になっていることが浮き彫りになってきました。
忙しい時間を割いて整理整頓をすることは重要ですが、その方法を明確にとらえ、効率化していくことができれば、さらに美しい状態を作ることができるようになるでしょう。

最近は、そうしたニーズもあって、整理収納アドバイザー資格というものもできてきました。
こうした資格を持っていることで、アドバイスを明確にすることができるようになりましたし、便利屋といった仕事にも生かすことができるのです。

プロのレベルにまで昇華できる

整理収納アドバイザーという資格は、ハウスキーピング協会が主査にしている認定し膜になります。
対象は個人宅だけではなく、プロとしての目線まで広がりますので、かなり重要な検定であるともいえるでしょう。
級としては3級から始まり1級までありますので、まずは自分にあったところを選択してみることがポイントです。

この3級ですが、入門用として講座を受講するだけでも取得することができます。
知識を身につけることにより、整理収納アドバイザーとしてのスタートを切るための3級だからです。

ただし、2級になればさらなる知識が必要ですし、1級ともなるとプロとして活動できるだけの知識がなければいけません。
そのため、1級受験のためには、2級取得が条件となっているのです。

1級には、筆記だけではなく、プレゼン試験もあります。
実技として、本当にどこまでできるのか、知識だけではできない部分も試されるため、かなりの難易度となってくるのです。
自分の言葉でコンセプトや要点も説明することができなければプロにはなれませんので、こうした実技試験が伴うのです。

瞬間的な判断力も必要となりますし、要件は一体何かということを探り出し、効率的に的確な手法をとることになるでしょう。
これは、経験も積まなければ身につかない部分です。

使えるのではなく生かすこと

こうした資格は、いったいどんな風に取得を目指せばいいか、漠然として見えてこないものです。
そこで、ハウスキーピング協会が主催する講座を一度受けてみるというのがいいでしょう。
一度触ってみることで、どんな考え方を持っているのか、方向性はどこなのかもわかるようになります。

1級にも2級にも講座がありますので、うまく活用できれば学習方法も見えてくるはずです。
ユーキャンのような通信講座を使う方法もあります。
ある程度スケジュールされた中で学んでいくことができるため、効率よく勧めることができるでしょう。

こうした資格は、取得後にどうなるのかではなく、どう生かせるのかを自分で考えることが大切です。
特異な資格でもありますので、仕事に上手くつなげることができれば、大きな味方となるでしょう。

About

View all posts by