転職いろは

転職を考えている人に向けて様々な情報を発信していきます。

アマチュア無線技士

勝手に使うことができない電波

人間の目には見えていませんが、空間には常に電波があふれています。
いろいろな種類のものがあり、それをうまく活用して生活していたりするのです。

その中で、アマチュア無線と呼ばれるものがあります。
今でこそ携帯電話が主流となりましたが、かつては遠方の人と話したりするのには、アマチュア無線を使ったりしていたのです。
今でも多くの人が楽しんでいます。

このアマチュア無線ですが、電波法という法律にのっとって行わなければいけません。
なぜならば、無線というのは限られた電波帯の中で使わなければいけないもので、だれでも勝手に使うことはできないからです。
中には重要な情報をやり取りするために使われているものもあり、無制限に使わせるわけにはいきません。

さらに、無線の電波の強弱によっては、他の電波を邪魔してしまうことも起きます。
こうした公共的な部分もあるため、国家資格としてアマチュア無線技士という資格が存在するのです。

4つに分かれているアマチュア無線技士

アマチュア無線技士は、4つのクラスに分かれているところが特徴です。
それぞれにできる範囲が定められており、自分がどの範囲で活用したいのかによって選ぶこともできるようになっています。

第4級アマチュア無線技士が使用できる無線設備は空中線電力10W以下のもので、21メガヘルツから30メガヘルツまで、または8メガヘルツ以下が使用できる電波の範囲です。
日本無線協会が開催している国家試験か、JARDまたはWCW企画が主催している講習会を受講し修了試験に合格すること可能です。

第3級アマチュア無線技士は、アマチュア無線局の空中線電力を、4級が10W以下だったのに対して50W以下まで使えるようになります。
電波の周波数の制限は18メガヘルツ以上か8メガヘルツ以下です。
こちらも国家資格を受験することで取得できますが、養成課程講習会第3級短縮コースを受講し、修了試験に合格することでも可能です。

第2級アマチュア無線技士の場合は、200W以下のアマチュア無線局空中線電力が操作できます。
2級からは講習がなく、国家試験だけでしか取得ができません。

第1級アマチュア無線技士になると、1kW以上でも、必要と認められれば操作が可能です。
つまり、すべての通信方式が対象です。
国家試験としても難易度は高く、簡単に取得はできないでしょう。

外国のアマチュア無線資格と日本での操作の問題

アマチュア無線技士も国家資格であるため、通用するのはあくまでも日本国内に限られます。
海外の資格でも、日本のアマチュア無線技士資格に相当すれば、操作することができるようになっているのです。

ただし、いろいろと規格も制限も異なります。
正確なところに違いがありますので、よく確認しなければいけません。