退職

退職するにも時期がある

正しい退職方法を知る

いくら会社をやめたくなったからって、「もうやる気がないのですいません」と辞めるわけにはいきません。
「飛ぶ鳥跡を濁さず」と言うことわざがありますが、会社を辞める時は「時期を見て、会社側に迷惑をかけないようにして辞める」というのが鉄則。
また、家族がある場合は「転職は自分だけの問題ではない」と言うことを頭に入れ、事前に家族と相談するなどの処理が必要になります。
これらのことを、すべて正しく処理をして、初めて「退職」になりますので、注意して下さい。

会社が忙しい時期は避けましょう

会社が忙しい時に退職を言い出すのはNG。
会社には忙しい時期が必ずありますので、この時期に退職を言い出すのは絶対にやめましょう。
やめる会社とはいえ、お世話になったところには「迷惑をかけないように辞める」と言うことが鉄則です。
こういう基本的なことを守れない人は、その後の会社でも巧くやることは難しくなりますので、最低限の常識として、必ず守るようにしてください。

家族の同意を得る

主婦関連の掲示板を見ると、「夫が勝手に会社をやめてきて・・・」と言う相談が必ず乗っています。
家庭がある以上、仕事をやめるというのは個人の問題ではなくなりますので、必ず「家族の同意を得てから退職する」と言うことを徹底しましょう。
仕事を辞めれば日々の生活費を得ることができなくなるのはもちろん、子供たちの学費を支払うこともできなくなる可能性があります。
仕事は1人だけのものではない、家族のためにするものでもあるということを、しっかりと自覚しなければなりません。
きちんと家族の同意を得て、それからの生活が困らないことを確認してから辞めることを心がけましょう。

退職理由に不満をあげないこと

やめると決めたのですから、そこで会社への不満を言っても仕方がありません。
基本的に、退職理由に「会社への不満は入れない」と言うことが鉄則ですので、このあたりを考慮した退職理由を考えましょう。
会社を悪く言う様なことは最後まで避けることが必要ですので、しっかりと考えてみて下さい。

退職を簡単に周囲に言わない

退職するという意思は、まず上司にあってしかるべき。
色々な人に「やめる」などと言うと、いつの間にか噂になる可能性もありますので、気をつけなければなりません。

ここに挙げたことは、すべて基本的なことです。
これらのことを守って、初めて社会人になりますので、最後までお世話になった会社に感謝をする様な形で辞めることを心がけてください。