焼酎検定の資格とは?

資格の特徴

焼酎検定はNPO法人日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)によって主催されている、焼酎の基本的知識を学ぶための資格です。

SSIは日本酒についての知識を問う日本酒検定も同時に主催しており、ともに日本で古くから作られているお酒について、詳しい知識やよりおいしく飲むための方法を学ぶことができます。

焼酎は日本全国でご当地銘柄が作られているお酒ですが、検定試験においてはその魅力をより詳しく知るために歴史や文化、醸造方法、適切な温度、モラルやマナーなどといったことが問われます。

日本酒が米を原料にしているのに対し、焼酎は米だけでなく麦や芋、そば、黒糖など複数の材料によって作られます。

そういった材料を使っているかはその土地の歴史や文化が大きく関わっており、またそれらの名産焼酎と食文化も関係してきます。

こだわって焼酎を飲みたいという人や、焼酎を取り扱うお店のスタッフであればそうした知識を備えておくことでより質の高い接客をすることができるでしょう。

資格を受ける流れ

焼酎検定は3級、2級、準1級、1級の4段階と設定されており、上級になっていくにつれてより高度な知識が問われます。

なお日本酒検定同様に焼酎検定も試験ではテイスティングは含まれないので、お酒が飲めない体質の人でも受験をすることが可能です。

試験はまず最初の級である3級から受験をし、合格をすることにより1段階ずつ上の級を受けられるようになります。

テイスティングのないテストですが、未成年は飲酒をすることができないので受験資格は20歳以上からです。

試験の申し込みは公式サイトから行い、その時に試験日程を確認することができます。
すべての級で試験内容は選択式の筆記試験となっており、50分の試験時間で所定の正答率以上になることで合格となります。

合格ラインや会場検定料は級によって異なるので、受けたい試験から検索をしてみてください。

どんな人におすすめな資格か

焼酎に関する試験は焼酎検定の他にも別の民間団体が主催している「焼酎ナビゲーター」や「酒匠」といったものがあります。

同じ日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が主催している資格に「焼酎利酒師」というものもあります。

利酒師資格の場合はテイスティングも試験科目に入ってくるため、実際にお酒を飲んでその味で銘柄を判断するなどしていかないといけません。

焼酎検定の場合はあくまでも備えられるのは焼酎の歴史や作り方といった知識面となるので、どちらかというと接客業としてお酒を提供する人に向いている資格といえるでしょう。

合格をすることにより認定証および認定カードが送付されてくるので、お店に提示をしておくこともできます。