配慮

細かい部分も配慮する

競争の激しさ

転職市場というのは、激しい競争の世界。
とくに人気の高い企業であれば、全国各地から高い能力を持った転職希望者が集まってくるはずです。
そのような状況において、履歴書や職務経歴書を送ってそれに目を止めてもらい、面接に呼ばれるだけでも大変な競争率です。
さらに、一次面接まで進んだとしてもその後に2次面接や3時面接、役員や社長による面接などが待っていることもあり、数多くの応募者の中からその中に入るのは並大抵のことではないでしょう。
そういった厳しい競争を勝ち抜くためには、細かい部分まで徹底して心配りをする必要があります。
ほんの僅かな違いが致命傷になってせっかくのチャンスを逃してしまうのはあまりにもったいない。
あとから「もっとこうしていれば・・・」と後悔することのないように、しっかりと準備をしたいものです。

細かい配慮が大切

細かい部分の配慮とは、具体的にどのようなことを指すのでしょうか?
たとえばそれは、履歴書の書き方であったり、電話や面接でのちょっとした対応であるかもしれません。
もし、同じくらいの能力をもった人が応募をしたら、「感じのよい」人を優先的に採用したくなるのが人情というもの。
そして、その「感じの良さ」というのはちょっとした配慮によって生まれることが多いのです。
具体的には、履歴書を書くときにていねいな字で書くことはもちろん、ボールペンではなく万年筆を使うこと。
最近は手書きで文字を書く機会が減り、履歴書なども手書きは負担だからとワープロを使って作る人も多いようです。
しかし、だからこそあえてていねいな手書きをすることや、よりていねいなイメージのある万年筆を使用することで、見た人の印象を良くすることができるのです。
また、面接時のはスーツだけでなく、カバンや靴もしっかりと手入れをすること、面接担当者以外の社員へのあいさつなど、人柄を感じさせるようなところに配慮することも大切です。

「そんなの当たり前じゃないか」と思うかもしれません。
しかし、当たり前であるがゆえに、意外と手を抜いてしまう人が多いのも現実。
だからこそ、そういった部分への配慮というのは簡単にできて大きな印象アップ効果がある、とても有効な手段と言えるのです。
なにごとも小さなことの積み重ね。
ちょっとしたことに気を使うことで、「気遣いの出来る人」つまり仕事も出来る人であると認識される可能性が高いのです。