転職活動中、内定をもらったら?

内定=採用というわけではありません

就職活動において、採用の合否の通知となるのが「内定」です。
内定とは正式な手続きの前に行う決定通知のことで、その後採用に関する細かい話し合いを行った上で雇用契約を締結します。

内定通知は口頭で行われることもあれば、メールや書面で受け取ることもあります。
しかしいずれにしても内定を受けたからといってそこで即採用が決定されるというわけではありませんので、しっかり担当者に連絡をとり、正式採用までの話し合いを進めていくようにしましょう。

企業によっては内定の時点で既に勤務開始日を決定しており、入社がなし崩し的に行われるような体制をとっていることもありますが、これは大変危険です。

というのも正式な雇用契約を結んでいない内定の時点においては、給与額や勤務時間などの待遇面がきちんと確定しておらず、面接時に口約束をした内容とは異なる条件での採用となることもよくあるからです。

ひどい場合には正規雇用としての内定だと思っていたら、実際には非正規雇用としてスタートすることになっていたというような詐欺的な雇用もありますので、正式に契約を交わすまでは会社の言いなりで動いてはいけません。

きちんとした会社であれば、内定通知に「雇用契約についての話し合いをしたいので」というふうにして次回面談の日時の提案があるはずです。

内定が出てから他にすべきこと

内定通知が出たらまずすべきこととして、受け取った会社へのお礼です。
他に受けている企業がないか、もしくは本命として以前から決めている企業ならば、内定を受け取ったらできるだけ早めに折り返しの連絡をし、お礼と次回出社のスケジュールを尋ねます。

問題は他にもいくつか企業を受けていてそちらの回答待ちになっている場合や、面接時に「ちょっと違うような気がする」といった不安があるような時です。

もし内定をすぐに受けるかどうか決め兼ねている場合には、早めに折り返し連絡をするとともに「申し訳ありませんが、相談をしたい人がいるため○月○日までお返事を待っていただけますか?」といったように返答期限を提示します。

企業側もそこまで言えば「他にも受けているところがあるのかな?」と察してくれるとは思いますが、理由を聞かれたら正直に話しても構いません。

のちに本命企業から内定を受けたら期日までにお断りの電話を再度行うようにし、やはり受けた内定で勤務をしたいと思うならそのことを伝えて具体的な就業条件の話し合いをしていきましょう。

在職中から転職活動をしている人なら、内定を受けたら早めに退職手続きをとっていく事も重要です。
退職は法律的には2週間前、慣例的には1ヶ月前に退職の意志を人事担当に示さなければならない事となっています。