転職時の面接事前準備

面接において第一印象を良くするためのポイント

転職活動で、書類選考に通った後に行われるのが面接です。
面接は主に応募した企業の応接室などで行われることとなっており、就職希望をする人にとって初めてその会社の中に入るチャンスとなります。

面接については就職活動マニュアル本などでかなり詳しいノウハウが記載されていますが、実際のところそれほど難しいことを求められるわけではありません。

極端に言ってしまえば合否の判断は最初の印象で決まることが大半であり、そこに訪れたときに見せるビジネスマナーや質問に対しての応答などの要素が加わって判断されていきます。

男性でも女性でも、今後長く付き合うことになる相手にはきちんとした身なりをしてもらいたいと思うところでしょう。

学生時代の就職活動においてもビジネススーツの着こなしや髪型、バッグやシューズなどの持ち物の選び方といったようなことは注意すべき点として挙げられています。

「人は見た目ではない」とはいっても見た目が悪ければその時点で門前払いになってしまいますので、最低限の見た目はしっかりチェックしてからのぞみたいところです。

人間心理として、最初に自分が抱いた印象をその後の出来事によって追証しようとするという思考がなされるものですので、最初の印象が悪いとその後の受け答えでもなんとなく悪い場所を探されがちになってしまいます。

反対に最初の見た目でよい印象を持ってもらうと、その後の受け答えでよい部分を探そうとしてもらえるのでより面接を有利に進めることができます。

思わぬところに現れる好感度

面接の究極的な目的は「好感を持ってもらう」ということです。
良い印象を持ってもらうことで「この人と一緒に働きたい」という気持ちが生じるので、就職するにあたっての条件交渉も進めやすくなります。

いくら素晴らしい学歴や職務経歴があっても、圧倒的に好感度が低い人が採用面接を通るということはまずありません。

面接において好感度を高める方法としては「清潔感のある見た目」「握手やお辞儀などのビジネスマナー」「丁寧な言葉遣い」「明るい応答」といったものがあります。

面接前には本番と同じスーツを着用し、できれば知り合いなどから意見を聞いてどこか見た目に不足がないかを客観的に評価してもらうようにしましょう。

また面接のときには別途書類の提出を求められたり、メモが必要になったりします。
先に書類を送付している場合も手ぶらで訪れるのではなく、きちんとビジネス用のバッグを携えていくようにしてください。

なお意外に好感度が決まるポイントとなるのは、受付や案内をしてくれる人への態度です。
人事担当にはヘコヘコするのに、受付の人には横柄というような人も案外多いものです。