転職いろは

転職を考えている人に向けて様々な情報を発信していきます。

転職の動機

転職

一度立ち止まって考える

転職をすると決めたらまず、行動に移す前に立ち止まって考えてましょう。
なぜ、あなたはその転職をしたいのでしょうか?
本当に転職がしたいのでしょうか?
もしかして、一時的な気の迷いではありませんか?
誰でも嫌なことがあると、「こんな会社やめてやる!」思うものです。
社会人であればどんな仕事の人でも、一度や二度、いや、もっとたくさん、経験があるのではないでしょうか。
しかし、それは単に一時的な衝動にすぎません。
嫌なことがあっても、少し時間がたてば解決して元通りになることは多いもの。
そうすれば、「こんな会社やめてやる!」という気持ちも自然と治まって、またいつも通りに仕事を続けるようになるものです。

単なるわがままではないかどうか

つまり、その動機の時には本気で転職したいわけではないので、行動を起こすべきではないということです。
また、転職の動機があまりにも不満の塊である場合にも注意が必要です。
労働条件が悪くてこれ以上働く価値がないような企業も実際に存在しますが、そのような大きな問題を抱えている会社ではないのにもかかわらず不満だらけになり、不満を解消するために転職したいと思っているなら、それは単なるわがままなのかもしれません。
そのような状態のまま転職をしても、次の会社でもきっと、また同じような不満をいだくことになってしまいます。

前向きな気持ちで

転職で大切なのは前向きな気持ちで次の仕事を探すことです。
転職することで、より自分の能力を生かせる仕事がしたい、さらにスキルを身につけて、資格取得を目指したい。
様々な業界で経験を積んだあと、将来は独立したい。
そのような明確な目的を持って転職をする人は、必ずいい方向へ向かいます。
反対に、不満から逃げることを目的に転職活動をすればそれはしっかり面接官に見抜かれてしまいますし、転職先はなかなか決まらないうえに、ようやく決まった転職先は現在の職場より給料が安い・・・といったこともおきるのです。 つまり、転職をするときには不満や気まぐれでないことを自分の中でしっかり確認して、そのあとになぜ転職をしたいのか、自分は転職をしたあとにはたしてどうなりたいと思っているのかを徹底的に洗い出すことが必要になるのです。 少し時間はかかりますが、一度これをおこなうと、面接での受け答えもラクになるのでおすすめですよ。