転職に必要な書類は?

転職するにあたって必ず作成する書類

転職活動の第一歩となるのが、求人先の企業に提出するための書類作成です。
一般的な転職活動の流れとして、求人票を検索して連絡をしたのち書類送付をすることがスタートになります。

近年は一つの求人に対してかなりの人数の応募があるということも珍しくないため、最初の電話連絡を省略して応募希望者に直接書類送付をするよう指示しているところもあります。

最初に送る書類はその内容に目を通して面接をするかどうかを人事が判断する非常に重要なものです。
書類選考でいかによい印象を持たれるかということが就職活動を成功させるための最初の関門と言えます。

作成する書類の代表的なものとして「履歴書」「職務経歴書」がありますが、書類選考のために送付をする場合にはその他にも「添え状」や「説明資料(ポートフォリオなど)」を必要に応じて添付します。

この中でも最も重要なのは「職務経歴書」で、この記載内容によって書類審査の合否が決まると言っても過言ではありません。

細かいことは面接でカバーすればよいと考えている人もいるのですが、面接での素晴らしい応答もまずは書類選考に通ってからのこととなります。

魅力ある人材であるとアピールできる書類とは

書類選考では、応募をする人の学歴や職歴、過去の職務において経験してきたキャリアが見られることになります。
このとき「学歴や職歴がよいものであればそれでよい」わけではありません。

確かに記載されている内容は重要ですが、それも読む人に正しく内容を伝えることが出来てこその事です。
ごくごく基本的なことから言えば、履歴書を誤字脱字がないように丁寧な字で書くといったことや、読みやすくレイアウトを組むといったようなことです。

履歴書には住所氏名や学歴、所有資格を記載する欄のほかにも趣味や特技を記載する欄がありますので、そうしたところもしっかり埋めてできるだけ空白がないようにしていきましょう。

案外に人事担当者はそうした本人の人となりが分かる場所に注目をしているものなので、自分という人間を知ってもらう意味でも正直に書きこんでください。

職務経歴書は履歴書と異なり、必ずこう書かなくてはいけないという書式があるわけではありません。
ですが模範となる職務経歴書の型はいくつか書籍やインターネットサイトで見つけることができますので、そうしたものを参考に自分のキャリアにあったものを選んで真似していくのがよいでしょう。

絶対的な必要書類と言うわけではありませんが、書類を送付するときには添え状をつけておくのが親切です。
添え状とは送付をする書類の一覧とともに、なぜ今回の求人に応募することを決めたかといった一言をつけるのが一般的です。