内定辞退をする際の基礎知識

もし複数の企業から内定を受けたら

就職活動においてはどうしても入りたい企業があるわけでなければ、複数の求人に応募するのが一般的です。
同時並行して就職活動をしていると、場合によっては数社から内定通知を受け取るということも起こってきます。

複数の内定通知は受け取ったときには嬉しいものですが、せっかく自分のために時間を割いてくれ、高い評価をくれた企業に断りを入れるというのは心苦しいものでしょう。

もし内定を複数からもらって本命以外の企業に断りを入れるなら、失礼のないようにきちんとマナーを守って行うべきでしょう。

どうせ行かない企業なのだからと粗雑に断りを入れたり連絡せずに無視をしていたりすると、相手企業に相当な悪印象を与えることになります。

そうした面接のときだけいい顔をしてあとは知らん顔というような態度は社会人としての自分の価値を落とすものになりますので、最低限の大人のマナーとして正しい作法を身につけるようにしましょう。

まず内定お断りの連絡は、メールではなく電話で行うのが通例です。
きちんと自分の言葉で理由を説明することで、自分に対してよい評価を与えてくれた人への礼儀となります。

電話をかける時間帯は始業間近や就業時前後を避け、日中の連絡が通りやすい時を選びます。
最初にしっかりと自分の名前を名乗り、担当者に直接伝えるようにしましょう。

ダラダラと言い訳をするのではなくシンプルに伝える

電話で誠意を示すことが大切といっても、ダラダラと言い訳を並べればよいわけではありません。
まだ条件次第で内定を受けるかもしれないと迷いがあるうちはそうした態度になってしまうのでしょうが、先に「辞退ありき」で電話をしているなら余計な会話は時間のムダです。

伝え方のコツとしては内定をいただいた事へのお礼を先に伝えつつ、申し訳ないのですが辞退をさせてくださいといった流れで話をするというやり方です。

大抵の企業ではそこまで伝えればそうですかと話が終わりになりますが、場合によっては理由を聞かれることもあります。

内定辞退の理由が他社からの内定である場合は隠す必要はなく、そのまま正直に伝えても構いません。
面接時に「第一希望は御社です」といったことを口にしていると言い出しにくいことかもしれませんが、どうして自分が別の仕事を選んだかということをきちんと説明することができればそれ以上突っ込まれることはないでしょう。

内定辞退をするタイミングは、できれば本命企業から正式に内定通知が届いてからの方がよいでしょう。
口約束などで「内定は決定かな」といったことを本命企業の面接で言われ別の企業を断ったところ、正式な通知は不採用だったというようなことも実際にはよくあります。