転職活動時の服装について

転職時のスーツ選びの基本

転職活動をするときにはスーツ着用で会社を訪問するのが一般的な常識です。
しかし最近ではクールビズやウォームビズ、カジュアルフライデーなどといった企業の取り組みが一般化したことにより「私服OK」な就職活動もちらほら見られるようになっています。

新卒での就職活動においては男女とも黒もしくは紺色、ダークグレーのいわゆる「リクルートスーツ」を着用するのが常識となっています。

20代~30代前半くらいまではそうしたリクルートスーツを使用して就職活動をしてもよいのですが、30代後半くらいになってくると、そうした如何にもなリクルートスーツはかえって頼りない印象になってしまいます。

企業側も30代からの就職活動にまでリクルートスーツを着用するべしとは思っておらず、むしろ社会人経験の十分にある応募者がどういった着こなしのセンスをしているかを見たいと思うものです。

中には大胆に「私服OK」と面接時の服装を指定している企業もあるほどです。
ただしこの場合の「私服」とはTシャツやジーンズといった本当の意味での私服とは異なり、最低でもオフィスカジュアル、できればリクルートスーツ以外のオフィスウエアのことを指しています。

アパレルメーカーやIT系、クリエイティブ系の仕事においては必ずしもスーツでなくてもよいということもあるのですが、一応はスーツスタイルで訪問をした方が無難です。

カジュアルウエアとオフィスウエアの違いとは

女性の場合は特に「オフィスカジュアル」というファッションの分野が確立しています。
最近は会社が制服を用意してくれる企業の方が少なくなっているので、面接のために会社を訪問したところ、かなりカジュアルなスタイルで働いている様子を見かけるということもあるでしょう。

ですが就職活動として訪れるときはいきなりオフィスカジュアルはおすすめできません。
色や形がリクルート向けのスーツではなく、自分のセンスの良さを見せることができるスーツを選ぶようにしていきましょう。

ドレスコードは業界によって違いがあり、金融や証券などのお堅い仕事ではダーク系のスーツがよく、営業などフットワークの良さが求められる仕事なら明るい色のものが向いているでしょう。

女性の場合は必ずしも上下セットのスーツでなくとも、ジャケットを着用していればオフィスフォーマルな見た目にすることができます。

カーディガンやボレロのようなものは勤務が決まってからならOKでしょうが、就職活動中はできるだけ控えた方がよいです。

なお女性のパンツスーツですが、ほとんどの企業はスカートとどちらでも良いとはしていますが、全体的な傾向としてはやはりスカートの方が好ましく映るでしょう。