50代の転職における基礎知識

企業が50代の転職者の採用をためらう理由

定年まであと10年となる50代においては、適した求人数が極端に少なくなります。
これは企業にとって50代はもっとも人件費がかかる年代となってしまうからです。

経営者を含まない一般社員の場合、年収のピークは50代前半となる場合が多く、当然その年代の人員を新たに雇う場合には高い人件費が企業負担となってしまいます。

ここ近年では企業もコスト削減のためにリストラや早期希望退職制度を行っているため、急に50代になってから就職活動をしなければならなくなったという人も多いことでしょう。

しかし50代から就職活動を始めてもすぐに決まるということはまず滅多になく、ほとんどの人が数ヶ月~1年くらい活動をすることになっています。

50代の就職活動の主流はコネをつかった縁故就職で、同業他社やライバル会社が前職のノウハウを吸収するためにオファーをするということがほとんどです。

営業や他の企業と共同のプロジェクトを多く行ってきた企画職といったものならそうした縁故就職もしやすいでしょうが、前職で総務や人事などをしてきた人は外部の知り合いを作りにくい分苦労をしてしまうかもしれません。

ただし前職で部長や次長をしていた人が就職先で同じような役職に就けるかどうかは確実ではなく、大幅に給与がダウンしてしまったり、知り合いの部下に配属されたりといったことも起こります。

個々人の事情にもよると思いますが、自発的な意志で行う転職はあまり50代から行わない方がよいというのが本音です。

転職エージェントを利用しながら情報を集める

50代でもOKの求人は通常のハローワークや求人情報ではなかなか見かけることができません。
そのため正攻法で就職活動を進めても、20~30代までのようにうまく話を進めることは難しいでしょう。

そこで上手に利用をしていきたいのが転職エージェントのサービスです。
転職エージェントはWebサイトや地元密着の人材紹介サービスが行っており、人材登録をすることにより適した求人を紹介してもらえます。

人件費が高くなってしまう50代からの人材選びは企業も失敗をしたくありませんので、適したスキルを持った人をマッチングしてくれる転職エージェントを仲介することがほとんどです。

転職エージェントサービスに登録することで非公開求人を紹介してもらえたり、業界内の求人状況についての情報を聞くことができます。

転職希望者と求人の需給状況は時期や地域によってかなり異なってきますので、まずは情報を集めて、そこからどういった活動がよいかということを考えていくのがベストと言えます。

中にはどうせ就職は無理と退職金で脱サラと起業をするという人もいますが、行き当たりばったりではなかなか会社経営を成功させることはできません。