40代の転職における基礎知識

40代からの転職活動は戦略が大切です

転職活動が最も難しいと言われているのが40代です。
終身雇用の時代における40代というと管理職として後輩たちをまとめる立場となります。

しかし現在では長く勤務をするだけで昇進や昇給ができるというわけではありません。リストラや会社の廃業・倒産によって就職活動を余儀なくされてしまうこともあるからです。

実際40代で転職活動をしている人の多くが自発的に行う転職ではなく、せざるを得ない状況になることで行っています。

40代までに何らかのスキルやキャリアがしっかり築かれていれば問題はないのですが、特に古い体質の企業に長年勤務をしてきた人というのはその企業内でしか通用しないスキルしか備えていないケースもよくあります。

仮に係長や課長、部長といった管理職経験者であっても、そこに何らかの能力が備わっていない場合は別の企業から魅力ある人材としては映りません。

大きな企業や組織になると社内のそれまでのやり方に批判的な意見を持つ人は望ましくないため、逆に過去に管理職経験がある人を敬遠することもあります。

そもそもとして40代以降でもOKという求人自体がかなり少なくなってしまいますので、少ない席を奪い合う椅子取りゲームのような転職活動になってしまいがちです。

ですので転職活動をするときには20~30代のように無造作に求人検索をするのではなく、自分のキャリアを活かした職種探しを戦略的に行っていく必要があります。

マネジメントスキルがあることを強みに

例えばある企業で営業職を募集している場合、人事は20代の人材と40代の人材のどちらを選びたいと思うでしょうか。

これから人材を育成したいと考えている場合は20代を積極的に採用するでしょうが、すぐにでも売上に直結する営業成績を期待するなら40代を採用することもあるでしょう。

一般的に40代からの転職は厳しいと言われていますが、40代に見合ったスキルを備えている人であれば企業が採用をためらうということはありません。

20代と40代の最大の違いは社会人経験の長さです。
会社組織や業界内の事情を理解している人材は、企業としても欲しいと思うものでしょう。

転職活動において履歴書や職務経歴書を作成したり面接で自己アピールをするなら、そうしたマネジメント能力があると示すことで採用のチャンスを増やすことができます。

ただし過去の実績を執拗にアピールしすぎてしまうと、「この人は自分のやり方を曲げない扱いにくい人材だな」と思われる可能性があります。

配属される部署に年下の上司がいるという可能性もありますから、どこでも柔軟に仕事をする気持ちがあるという姿勢もきちんと示していきたいところです。