30代の転職における基礎知識

30代前半まではまだ若手として扱われます

転職活動が最も盛んに行われるのは、仕事に慣れはじめてきた30代からです。
社会人経験が浅い20代のうちは自分の適性がよくわからないために短期間で転職を繰り返すという人も多くいるのですが、30代にもなってくると社会や会社組織というものがわかってきます。

そのため30代からの転職は、自分の適性と将来性を見据えたキャリアアップのための転職が中心となり、冷静な目で企業を判断して転職先を選んでいくこととなります。

ただし今時は30代でも前半の35歳までは「若手社員」という位置づけとなっているので、もし現在勤務をしている企業と全く違った業種にも挑戦してみたいという場合には、早めに転職活動を開始した方がよいと言えます。

30代前半までの転職においては基本的には採用する側が見るポイントは20代までとだいたい同じです。
しかしやはりさすがに30歳を超えた人材ならばビジネスマナーや見た目だけでなく、受け答えにしっかりと芯が感じられるようにしておきたいところでしょう。

いくら若手だからといって志望動機や前職を退職しようと思った理由がフワフワしていては採用をする人事担当者に不安を与えることになってしまいます。

30代後半になると職務経歴が重要です

30代後半からは転職の難易度が格段に高くなってきます。
ただしこれは裏返すと30代後半までに培ってきたキャリアがあれば、それを活かした転職のチャンスが広がるということです。

厳しくなるのは全く別の業種や職種への就職で、例えばそれまで研究職だった人が営業を目指したり、全くチームマネジメントの経験がない人が管理職候補として応募をしたりというのは難しいと言えます。

しかしそれまでの自分のキャリアをしっかりと棚卸しをしていくことで、転職活動時の志望動機に説得力を持たせることは可能です。

未経験の業種であってもそれまでやってきた職務経歴をうまく関連させて自分の技能をアピールしたり、どういった働き方をしたいかといったことを示すことで採用されるケースがあります。

会社としては30代後半にもなった社員を一から育てたいとは思いませんので、いかに即戦力として働ける人材であるかということをアピールする必要があります。

近年ではあまり就職回数は重要視されない傾向にありますが、20代の頃に1~2年と短いサイクルで就職と離職を繰り返していたりといったことがあると「うちも長く勤務するつもりはないのでは?」と懸念されてしまいます。

転職を頻繁に繰り返さないようにするというのが一番ベストですが、もし経歴が不利になりそうな場合には、これからはしっかり真面目に長く勤めたいという意思表示をしっかり行っていくことでカバーしましょう。