20代の転職における基礎知識

20代の転職者に企業が求めること

かつては「どんなに不満のある会社でも3年間はそこで仕事をしろ」というようなことが若手社員の常識として語られてきました。

しかし就労環境が時代とともに変化をしたことで、愚直に3年間耐え続けてしまうことにより心身に重大なダメージを負ってしまったり、より適性にあった仕事を見つける機会を逸してしまう可能性があります。

確かに長く勤務できればそれにこしたことはありませんが、耐え難いほどにつらいと感じている職場ならば早めに転職をするのもよい選択と言えます。

企業側も若い転職者に対しては前職の勤務期間はそれほど重要視することはあまりなく、新たに採用されたらどこまでの事をしてくれるか、で採用判断をします。

ここ近年は企業全体で人手不足傾向がありますので、若くて優秀な人材はどの業界でも喉から手が出るほど欲しいところです。

ですので転職をする場合には最低限度のビジネスマナーをしっかりと身につけ、就職活動においてしっかり自分の働きたいという意志を示すことができれば希望の企業に入ることは決して難しくありません。

若手に多い非正規雇用には十分に注意を

しかし比較的有利な条件となる20代の転職ですが、どんな方法をとっても必ず成功するというわけではありません。

特に注意をしておきたいのが、正規雇用枠が非常に狭い企業も数多くあるということでしょう。
新卒で正規雇用であった人が転職活動をすることにより不安定な非正規雇用となり、十分な給与が得られず思うようにキャリアを伸ばせない、ということもよくある問題なのです。

非正規雇用を多く採用している企業の多くで「一定期間が経過したら正規雇用になれるチャンスがある」といったようなことをうたっていますが、実際にはその基準が曖昧であったり非常に枠が小さかったりします。

より悪質な企業になると求人業には正規雇用と記載しておき、実際に就職活動をするとそこで「正規の枠は今埋まっているから一時的に非正規で入って欲しい」と言ってきます。

そうした求人票と明らかに異なる条件で採用を持ちかける方法はそもそも違法ですし、そうした餌で釣るような採用活動をしている企業がよい企業である試しはありません。

20代の転職活動においては、社会経験が乏しいというところをついた悪質な採用をしているところもあるということはしっかり理解しておいた方がよいでしょう。

面接においては履歴書や職務経歴書の作成をしっかりと行い、基本的に実直に自分の希望や就業のための条件を相談すれば悪い印象を持たれることはありません。

男女とも身だしなみをしっかりとチェックし、第一印象で勝負するくらいの気持ちで挑んでください。