店員

サービス業界におすすめの資格

実は高度な技術を要求されるサービス業界

わりとたくさんの仕事を見つけることが可能なサービス業界。
とにかく仕事がたくさんあるので、転職先として考慮する人も少なくないのではないでしょうか。
サービス業は、訪れたお客さんに対し丁寧な接客を行うお仕事です。
商品を購入しに来た人に対し、商品説明から問い合わせ、会計まですべての仕事を行う仕事。
また、接客業はライバルがすごく多いので、ライバルと競いながら「できるだけ自分の店を選んでもらえるように努力をしなければならない」という業界でもあります。
いかにして顧客を増やすかなど、戦略を立てる技術も必要とされており、そういう面でも「大変な仕事」と言えるでしょう。そんな接客業に関しても、「持っておいた方がいいお仕事」というものが存在します。

TOEIC

以外にサービス業界で重宝されるのがこの資格。
なぜ英語?と思われるかもしれませんが、お店に外国人が来た時などに英語が話せる人員がいれば楽です。
特に、観光地にはたくさんの外国人観光客がいますので、外国人と英語でコミュニケーションが取れる人材というのは重宝されます。この能力だけで就職が決まるケースもあるほど。
大体、英語力の目安はTOEIC850~900点くらいと言われているので、TOEICを取得するならこのくらいの点数か、あるいはそれ以上を目指したいものです。
英語は仕事に就いてから学ぶ人も多いくらい重要な資格なので、ぜひ取得を考えてみて下さい。

接客サービスマナー検定

こちらは、接客レベルを検定するための試験。
どの程度の接客レベルを持っているか、スキルの証明になる検定です。
あたりまえですが、接客業では「すぐにでも現場で仕事ができる即戦力」が求められているので、接客業でこの資格取得を目指す人は少なくありません。この検定に合格すれば、その人は一定の技術を持っているという証明になりますからね。就職や転職を考えている人にオススメです。

販売士

プロの販売員を目指す人の為の資格がこちら。
お客さんに納得のいく接客ができるかどうかを検定する資格のことです。
サービス業において、リピーターを増やすことができるかというのは、販売員の接客態度が左右するでしょう。
だからこそ、こういった資格を取得して「しっかりとした接客技術を持っている」ということをアピールします。

サービス業に就職する為の資格なら、秘書検定などが有利になるケースもあるので、取得を考えてみて下さいね。