ペット業界におすすめの資格

トリマーになるための道筋と資格

ペットブームに乗り、人気になってきている資格がトリマーです。
簡単に言えば、ペット専門の美容師であり、犬の体毛をそろえてあげたりするのが仕事になっています。

トリマーという仕事も資格も認知されるようになったのは、まだ最近のことです。
実際のトリマーの仕事の領分は、体毛のカットだけではありません。
ヘアカラーなどもすることがありますし、爪のカットや耳のケアに重要で、オーラルケアまで行うようになりました。

さまざまなことを行うペットの専門職としての認知が進んできたのも、それだけペットブームが起きているともいえるでしょう。
そんな人気の職業になりつつあるトリマーになるためには、大きく分けて二つのルートを考えることができます。

ひとつは単純で、トリミングサロンの募集があったときに入ってしまう方法です。
この方法であれば、直接技術や知識を養っていくことができるため、最も近道であることは間違いありません。
ですが、トリミングサロンでも、まったくの素人を雇うにはリスクが高いために、ある程度勉強してきた人しか採用しないことも多いのです。

それがトリマーになるための学校を卒業してくる方法といえるでしょう。
しっかりと知識を身につけてくるため、雇いやすい人材といえます。
さらに知識をランクアップさせるため、トリマーの資格を持っているということも、重要になってくるのです。

トリマーの資格をどうとらえるのか

実際にトリマーになるために資格が必要なわけではありません。
ですが、大事なペットを預ける立場から考えると、有資格の看板が挙げられるだけ違いがあることも確かです。
トリミングサロンとしても、雇い入れるのであれば最低限の知識や技術を担保できる資格は重要となるでしょう。

資格を取得するということは、それだけ勉強をしたということでもありますし、努力の結果であることも確かです。
さらに、だれが見ても資格があることが認知できるのですから、取得することは大きな意味があります。

一番有名なところで行くと、JKCの資格でしょう。
ジャパンケンネルクラブの資格であり、公認資格を発給しています。
認定行の場合、卒業することによって資格を取得できる場合もありますので、初めから予定に組み込み選ぶということも重要です。

日本ペットスクールでは、知識を身につけるために、国の教育ローンも活用することができます。
入学金や授業料だけではなく、アパートの家賃にも利用することができたりするのです。

資格は確かに重要ですが、資格以上ではないのがトリマーの業界でもあります。
最低限の能力の担保にすることはできても、それ以上の評価にはなりません。
しっかりした技術を身につけ、資格をさらに押し上げられるようにしていかなければいけないでしょう。