資格

汎用性の高い資格

一般的に、就職や転職に有利な資格ってありますよね。
ここでは、そんな「持っていると仕事探しに有利になる資格」についてご紹介したいと思います。
あなたはどんな資格取得を目指しますか?自分の転職活動にプラスになる様な資格取得を目指してみて下さい。

TOIEC

別のページでもご紹介していますが、TOEICは取得しておくと転職に大変有利に作用します。
今や、英語力が求められない業界はありません。海外の企業と積極的にやりとりをする様になった日本企業は、しっかりと英語力を活かせる人材を求めています。
英語を使ってコミュニケーションをとれると、外国人とのやり取りがスムーズになりますからね。
この為、企業の方でも英語力を意識した人選びをしていることがあり、その英語力の証明ができるTOEICはかなり重宝される資格といえます。今後、就職活動をしたいと考えている人には、ぜひともこのTOEICの取得を考えてみてほしいですね。
ただ、最近は「TOEICの点数が高いから雇ったのに、実際に仕事をさせてみたら現場ではまったく使えない人材だった」などというケースも報告されています。
このようなことがない様に、しっかりと「実力をつける」ということも必要になります。
即戦力になれる様な人材を目指して、お仕事探しをしてみて下さい。

日商簿記

簿記も、多くの人が取得を考える資格ですよね。
簿記は、簡単に言えば「お金の流れを計算する」という資格。
どこからお金が入ってきて、何につかったのか・・・という流れを把握する資格のことです。
企業において、どこでどんな風にお金を使ったのかを計算するのは大切なこと。
だからこそ、日照簿記の資格取得を目指す人が多い訳です。
簿記の資格というのはどこでも通用する資格ですので、そういったことから取得を目指す人も少なくないですね。特に銀行など金融関係の資格取得を目指したいと考えている人に、簿記はとってもオススメ。
実際、この資格の存在が転職や就職に有利になったと答える人は多いです。

秘書検定

接客応対・マナーなどの能力を検定するのが秘書検定。
どんな企業であっても、人の接客をしないというお仕事はありません。
だからこそ、接客応対が上手にできる様に「秘書検定」を受けるわけです。
秘書検定は1級から3級にわかれており、より就職に活かせる資格がほしいと思ったら2級以上の資格を目指すことをオススメします。持っていると必ず役に立つ資格の一つですね。

このように、資格には本当に色々な種類があります。
どんな資格を取得するのが自分にとっていいのか、そのようなことをしっかり考えてみて下さい。