美容業界におすすめの資格

女性に根強い人気のあるネイルの資格

女性に根強い人気があり、多くの人が行っているネイルですが、だれでもできる反面、美しく仕上げようと思うと、知識と経験がなければいけません。
基本的にネイリストとなるためには資格は必要ありませんが、自分の体の一部に施術をしてもらう以上、不安を感じる相手にやってもらいたくはないでしょう。
そこで、有資格なのかということを、不安を解消するための判断材料の一つにすることができるのです。

実際に公的な資格はないため、民間の資格の取得を目指していくことになるわけですが、それだけにいろいろなところが資格を発給しています。
中でも有名な試験は、JNEこと一般財団法人日本寝入りと検定試験センターで行われているネイリスト技能検定試験でしょう。
1級から3級までに分かれており、その目的によっても選ぶことができます。

1級にもなってくると、国際ライセンスと同等レベルの難易度になり、簡単に取得することができないほどといえるでしょう。
理論や技術だけではなく、サロンで働く場合にも即戦力以上の能力を発揮することができるレベルとなります。

2級は、サロンでもすぐに働くことができる技術レベルが仕上がり像といえるでしょう。
ネイルのケアまでもしっかり事成すことができ、すべてが実践レベルになっているレベルです。
この2級あたりで十分戦力となってきます。

3級は入門レベルで、ネイルケアということに重点が置かれているところが特徴といえるでしょう。
ケアができるということが重要で、見習いレベルとしても基礎の力を持っていると判断することができるからです。

また、ここ数年でぷっくりとした見た目が可愛らしいジェルネイルの人気が高まり、一気に普及しました。
それに伴って、JNAはジェルネイル専門の「JNAジェルネイル技能検定試験」という試験もスタートさせています。
初級では、ジェルネイルの基礎的な知識と基本のカラーリングを行えるかどうかが問われ、上級になると両手の指すべてのカラーリングに加えてネイルケアが適切に行えるかどうか、プロレベルの技術が求められます。

こうしたネイルとはまた別に、ジェルネイル技能検定試験も行われています。
急速に普及が進んだジェルネイルに対応するべく生まれた資格で、アート的な部分ではなくジェルを使った技術に特化しているところが特徴といえるでしょう。

国家ライセンスになる海外の資格

こうしたネイルの検定は、他にもいろいろとあります。
ネイルスペシャリスト技能検定試験は、I-NAIL-AことNPO法人 インターナショナルネイルアソシエーションが運営している検定試験です。
こちらも有名な試験であり、年数によって評価が変わるシステムになっています。

海外ライセンスにもいろいろとありますが、国家ライセンスになっていたりするため、指定の学校を卒業したりする必要があり、ハードルは低くありません。
日本人にも人気がありますが、まずは国内の資格を取って基礎を固めてからチャレンジしたほうがいいでしょう。